関東でのデザイナーズ風呂

関東では昔ながらのバスがたくさんあります。
ただ、昔のままの銭湯であれば多くの客人を呼ぶことはしんどいのです。
そこで新しい試みとしてデザイナーズバスが注目されるようになりました。
現代によみがえったバスだ。
デザイナーズバスという呼称が表すように、デザイン的に優れてあり、現代人が喜びそうな雰囲気を醸し出していらっしゃる。
最近は外人もデザイナーズ銭湯で入浴することがあるそうです。
汗をかいた後のバスの気持ちよさを存分に味わいたいものです。
どういうデザイナーズバスがあるのでしょうか。
運賃は460円って500円にも満たないのですが、ムードは非常に鮮やかだ。
池尻における教養浴泉は昭和3年頃から営業している。
もちろん、当時は普通のバスでした。
それが2011年頃にリニューアルしてデザイナーズバスとなったのです。
TVドラマの種類としても使用された老舗だ。
最新式のnano湯はナノバブル粒子が塞がり、痩身や動脈硬直の規制が期待できるという注目されています。
その他に生薬の湯もあります。
丁度現代人のためのデザイナーズバスだ。
練馬区の久松湯は地中1500mからくみ上げる天然エステだ。良質なナトリウムのリソースで随分嬉しい湯そのものです。
テーマは光といった風の音、ジャングルの中のバスだ。
これまでの公衆浴場には見られなかった、斬新なモデルって建屋のメニュが多くの人の人気を集めている。
紳士湯と女性湯を示す暖簾はポイントが画期的だ。
建屋概観は清潔感あふれるつくりとなっていますから、初めての他人も安心です。http://www.green-home.jp/